プログラミングの管理職になることの魅力

開発現場では、開発スタッフのそれぞれの役割があります。

ソフトウェア開発では、プログラマーが主力の開発スタッフとして重要な役割を果たします。しかし、直接ソフトウェア開発のプログラミングを行うスタッフだけでは、開発現場をまとめることができません。開発現場を取り仕切って、全体の指揮を取る管理職の存在があってこそ、開発チーム全体の統率が取れます。

ソフトウェア開発における管理職の地位では、プログラミングに関して高度な知識と経験を必要とします。ソフトウェア開発の管理職の仕事を果たすことができる人材の選定では、プログラマーとして高い能力の実績を持っている人物を選ばなければなりません。しかしながら、プログラミングの技術に高い自信を持ち、さらなる技術向上に強い興味を持っているプログラマーは、管理職の仕事に興味を持たないこともあり、彼らに管理職の地位に目指すように促すことは難しいです。

また、管理職は、直接的にコードを組み上げる以外にも、管理のための多種多様な業務をこなしていかなければならず、避けるプログラマも多いです。しかし直接プログラム制作以外にも、ソフトウェア開発の管理方面から魅力ある仕事ができることを周知させることで、事態の改善が図れます。プログラマーとして実力を持った人物が、今度は管理職の立場に立って開発チームの指揮を取る役割に立てば、ソフトウェアの開発チームが持つ開発力のさらなる向上が果たせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です