プログラミングを学ぶ魅力と開発言語の習得

プログラミングスキルを身につけてプログラマーとして働くことの魅力は、自分の意思の通りに動くプログラムを自在に制作できるようになるということです。

多くの開発言語を扱えるようにならなくともプログラムを制作すること自体は可能であり、Javaのように需要の高いプログラミング言語を扱えるようになることによって仕事先も豊富に見つけることが可能となっています。そのため、就職や転職に加えて、フリープログラマとして仕事を探したりアルバイト先を探したりする際にも魅力の大きな選択肢です。しかし、その需要が刻々と変化していくというデメリットがあります。

プログラマー自体は需要が高いものの、特定の開発言語のみを身につけて仕事に携わる戦略をとる場合にはその時代において必要性が高い言語を常に身につけていなければなりません。Web業界においてはPHPが主流の状況から、それに加えてJavaの必要性が高まってきており、近い将来にはJavaが基本的な素養として必須のものになっていく可能性が高いと予想されます。そういった形で時代の変遷とともに業界で必要とされる開発言語が変わっていくことから、常に最新のトレンドに注意を払っていなければ仕事を失うリスクも抱えることになります。

しかし、そういったアンテナを張っておくことによって新たなトレンドを素早く察知し、すぐに習得して活用できるようになれば将来の展望も開けるというメリットもあります。将来のキャリアをどこまで広げていくかは自分次第という部分もプログラマの面白さだと思います。興味がある方は、初心者~フリーランスまでプログラマの面白みを集結させたこちらのサイトをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です